居心地がよい住まい作りに不可欠な間取りを考えるきっかけになる情報サイト

手間を惜しむことなく配置を考えてみよう

水回りは集約できるのがベスト

水廻りとは家の中で水を使う場所の総称で、台所や洗面所、トイレなどがあります。
水廻りが離れていると、 洗濯や掃除などを行う際の家事動線が長くなるので利便性は悪くなります。
共働きや単身世帯が多数を占める現在では、複数の家事が同時に行われる傾向があります。
移動効率が良い家事動線にするには、水回りどうしをなるべく近くに配置する必要があります。
また、調理時に使用する台所が給湯器から遠いとお湯が出るまでに時間がかかってしまい、光熱費を余計に負担する羽目に陥ります。
そこで、水廻りをできるだけ近づければ、光熱費を節約したり、保守点検が容易になるなどのメリットを享受することができます。
このため、水廻りは可能な限り互いに近い位置に集めるとよいでしょう。

点から線の流れとなる排水音にも気を配ろう

実際に住み始めてから気づくことで、後の祭りとなりがちなのは音に関わる問題です。
間取りを考えるうえで、トイレや洗面所の場所は慎重に決める必要があります。
たとえば、利便性を重視して寝室近くにトイレを作ってしまうと、排泄音が寝室まで響くことになるかもしれません。
思わぬ排泄音で目を覚ましてしまうのでは熟睡できずに、心地よく暮らすには程遠くなるおそれがあります。
こうした音漏れへの対応として、壁に吸音性が高い内装材や断熱材を充てることなどで、かなり抑えることができます。
このように、トイレや洗面所の配置は排水音を念頭に置いて決めるようにしましょう。

また、吹き抜けを採用した場合には、二階にいても一階でのさまざまな音が聞こえてきます。
静かに過ごしたい空間を確保する場合には、間取りを決める段階で防音性を高めるための工夫を検討する必要があります。